2050年カーボンニュートラル
達成のカギは水素

 

水素は、発電・産業・運輸など幅広く活用されるカーボンニュートラルのキーテクノロジーです。
これまで水素エネルギーの課題とされてきた、貯蔵、輸送といった面が克服されつつあり、
いよいよ広く社会で活用されていく段階にあります。
弊社では日本を世界で最初にカーボンフリーを達成した国とするために
水素発電システムをスタンダードとする取り組みを行っております。

水素イメージ

2050年カーボンニュートラル達成へ
H2イノベーションの水素発電が起こす革命

水素の役割
水素発電のしくみ
地産地消の発電ユニット

水素の役割

近未来のエネルギーの核になる

水素発電のしくみ

これからの発電のスタンダード

現在日本では国をあげて水素社会を目指しています。水素発電は化学反応により電気と熱を生み出します。
化石燃料のようにCO2を排出しません。また灰等の廃棄物も出ず、水だけが生成されます。
発電効率が約70%と高いのも特徴です。

地産地消の発電ユニット

H2イノベーションの発電ユニット

TOP